読売新聞

有料データベース

お知らせ

図書館総合展で「地域貢献」「就活」をテーマにセミナー

 読売新聞のオンライン・データベース「ヨミダス歴史館」を公共図書館や大学などで活用する方法を紹介するため、読売新聞東京本社は11月1~30日、オンラインで行われる「図書館総合展2021 ONLINE plus」に出展します。

 図書館総合展は、読書、出版、学術情報、資料保存・保管など図書館に関する展示会です。

 読売のブースでは、公共図書館の基本設計づくりや新聞データベース活用の経験が豊富な泉大津市立図書館「シープラ」館長の河瀬裕子さんが、「地域貢献できる図書館のつくりかた」と題して講演します。

 また、ヨミダス歴史館を、大学生の就職活動に役立てるためのセミナーも実施します。実際にログインして、就活関連の記事を検索していただけます。

 観覧はいずれも無料です。

 講演会のお申し込みは、図書館総合展の読売新聞ブースで受け付けています。

ページ上部へ

サービス一覧

ページ上部へ