Skip to content

コラム「虫めがね」

「お札あれこれ」

 ヨミダス通信7月号画像今月、20年ぶりに「お札の顔」が変わりました。千円札は細菌学者の北里柴三郎、5千円札は津田塾大学創設者の津田梅子です。1万円札の肖像は40年ぶりの変更で、福沢諭吉から実業家の渋沢栄一になりました。いずれも初登場です。

 今回は、お札の歴史や、ちょっと面白い話をヨミダスで調べてみました。

★明治時代のお札

 <[ウッソーほんと]お札の顔も世につれて 日本武尊や源為朝 大黒様も>(1984年=昭和59年=125日夕刊)によると、人物が初めてお札に採用されたのは1873年(明治6年)発行の国立銀行券。源為朝(1円、上毛野田道との説も)、新田義貞(2円)のほか、人物以外では富士山(5円)などが描かれていたのですが、アメリカに依頼して製造してもらったため、「顔、姿はどこか異人めき、富士山にいたってはやたらにとんがって」いたそうです。

 

★庶民の人気投票

 1981年(昭和56年)、新1万円札の顔が福沢諭吉に決まったことを受けて、サッポロビールが銀座で6000人にアンケートをとっています(<[談話プラザ]庶民が選ぶ新1万円札の顔>=8月27日朝刊)。


 それによると、1位は聖徳太子、2位は野口英世、3位は福沢諭吉でした。以下は市川房枝、徳川家康、吉田茂、田中角栄、湯川秀樹と続き、10位以下にはなんと長嶋茂雄、沢田研二の名前もあったそうです。今ならどんな名前が挙がるのか、ちょっと気になるところです。

 

★科学者や女性も 

 2004年の紙幣刷新時には、お札に描かれる人物がどのように決められるのかや、どんな変遷をたどってきたのかを解説する記事が掲載されました(<[ワイド時典]お札 肖像が映す時代や文化>=1011日東京朝刊)。

 その中で財務省通貨企画調整室長は「政治家中心で来たが、一九八四年の新札発行時、国民への調査結果や国際的潮流などから文化人に切り替え(中略)、分野のバランスを取るとともに、女性の社会進出を受け、科学者と女性を選んだ」と説明しています。

 電子決済やカード決済が増え現金を使う場面は少なくなってきている現在ですが、150年余の歴史をかみしめつつ、ここぞという買い物では新しい3人に活躍してもらいたいと思っています。(は)

ヨミダスのメールマガジン「ヨミダス通信」でフルバージョンを配信しています。

最近の記事