読売新聞

有料データベース

  • 調べたい時、
    その場ですぐに

  • 新聞記事データベース

    ヨミダス歴史館は、明治からの読売新聞記事
    1,400万件以上がネットで読めるデータベースです。

  • 身近な歴史を再発見
    「昭和の地域版」

  • 最新の話題を英文記事で

    Learn topical English
    through newspaper articles

お知らせ

一覧

図書館、学校、企業で

ヨミダス(Yomiuri Database Service)は、明治から令和までの記事を、インターネットで検索、閲覧できる有料サービスです。記事は年間30万件のペースで増え続けています。ちょっとした調べものから、研究やビジネスまで、幅広い用途にご利用いただけます(利用料は関連ページに掲載しています)。

ヨミダス歴史館

ヨミダス歴史館は、1874年(明治7年)の創刊号以来の1400万件以上の記事を収録しています。明治、大正期の紙面も現代の言葉で検索し、紙面画像で読むことができます。

1986年(昭和61年)以降の記事は、読みやすいテキストデータなどで提供します。ほかに、英字紙「The Japan News」の89年以降の記事や、約2万6千人分の現代人名録も利用できます。

1933年(昭和8年)以降の地域版の紙面画像を集めた「昭和の地域版」もオプションとしてご利用いただけます(沖縄県を除く46都道府県分)。

ヨミダス歴史館は国際的に高く評価され、2010年には世界新聞・ニュース発行者協会(WAN-IFRA)の第1回アジア・デジタル・メディア賞において、オンライン・メディア部門の特別賞を受賞しました。

詳しくはこちら。

ヨミダスforスクール

ヨミダスforスクール

ヨミダスforスクールは、1986年(昭和61年)以降の読売新聞記事と1989年以降の「The Japan News」記事をクラス全員が授業で読むことができます。学校教材用に特別価格で提供します。

詳しくはこちら。

月額300円(税別)から使った分だけ

ヨミダス パーソナル

ヨミダスパーソナルは、1874年(明治7年)から現在まで140年余りの記事が、現代の言葉で検索、閲覧できるオンライン記事データベースです。

調べたいものがある時、お手元のパソコンやタブレットなどからすぐに利用申し込みができます。支払いはクレジットカード(国内発行)です。最低月額料金は300円(税別)で、閲覧した記事の見出しや本文の分だけ利用料がかかります。

詳しくはこちら。

昔を知って今をしる 面白い過去記事を紹介 虫めがね

記事データと日英コーパス

AI開発、言語処理、情報学、メディア研究などに読売新聞の膨大な記事データを活用してもらうため、言語資料コーパスの利用権を提供しています。邦文と英文があります。データの著作権は読売新聞にあり、利用許諾の難しい手続きが必要ありません。

サービス一覧

ページ上部へ